【葬儀社経営の羅針盤】これからの葬儀社経営のヒント 第13号

お役立ち情報

■——————————————————————————————————-■

   【葬儀社経営の羅針盤】これからの葬儀社経営のヒント 第13号

~受注件数UP・単価UP・コスト削減・人事戦略など最新の葬祭業情報マガジン~

■——————————————————————————————————-■

 

〇ー1.葬祭業専門コンサルタント 小泉悟志の目線ー〇

《採用にはどの手法が適しているか》

 

「ディレクターが退職するけど

なかなか採用できないんだよね」

 

よくこんなことを相談されます

ほとんどの会社が使っている媒体は

・ハローワーク

・アイデム

・タウンワーク

この辺りが価格も安く

よく使われています

 

この媒体でも事務職は結構集まります

しかしながら葬祭ディレクターは

皆無に等しい状態です

 

では成功している会社は

どのように採用しているのでしょうか?

 

最近一番採用できているのが

「リクナビ」

「エンジャパン」

「マイナビ」

などの大手ネット媒体

 

本当??と思われると思いますが

ただたんに載せただけでは

採用できません

 

それぞれに「スカウトメール」

機能があります

これはこちらから対象年齢や地域の人に

直接メールを送れるサービスです

 

実はあまりスカウトメールを使っている会社は

多くないので

求職者が直接メールをもらうのは多くないのです

しかもメールをもらえるような人は

10人いたら上位2名に集中します

そのため残りの8名については

スカウトメールをしっかり見ています

 

よく考えてみれば

企業からあなたが欲しい

是非 当社に来てください

と言われたらすごく嬉しいですよね

 

だからこの大手媒体で

スカウトメールを使うことで

葬儀社という仕事を知ってもらうと

同時に今まで葬儀業界で

採用できなかったような

人材が採用できるのです

 

ぜひ 試してみてください

 

〔葬祭業専門コンサルタント 中小企業診断士 小泉悟志〕

 

〇ー2.チラシ・パンフレット制作ー〇 

マーケティング・クリエイティブディレクター 高橋吉昭の目線

《マーケティングとクリエイティブの関係》

 

皆さん、こんにちは

今回はマーケティングとクリエイティブの関係

についてです

 

マーケティングとクリエイティブは

どんな関係にあるのでしょうか?

この2つは

大いに関係しているばかりか

じつは切っても切れない間柄です

 

マーケティングは

改めて説明するまでもありませんが

ひとことで言えば

商品やサービスを

売れるようにするため

市場調査や分析をしながら

やるべきことや

進むべき方向性を見い出し

適切なお客様に向けて最適な情報を

発信していくまでの仕組みを考えることです

 

クリエイティブは

マーケティングで考えた情報を

お客様に理解してもらい

成果に結びつくよう

最適な制作物を作ることです

 

例えば

正しいマーケティングが行われていないと

目的がずれてしまい

どんなに見栄えのいい

販促物を制作(クリエイティブ)したとしても

お客様は「何がして欲しいのかしら」と

疑問に思います

 

そしてクリエイティブがなければ

どんなに正しいマーケティングが行われていても

目的とするその情報を

お客様に届けることができません

 

制作物を作る際は

マーケティングからクリエイティブまで

ワンストップで考えることが

成果を上げるポイントです

 

〔マーケティング・クリエイティブディレクター高橋吉昭

 

〇ー3.ホームページの検索上位表示コンサルタント 八木則茂の目線ー〇

《事例から見る葬儀社のHP 第13回》

 

前回、世に出ている葬儀社の

多くのHPは

以下の構成要素を含んでいる話をしました。

 

(1)葬儀社の基本スペック

※ファーストビュー(HPを開くと

最初に目に飛び込んでくる画面)に

表示

  1. 葬儀社の特長やアピールポイント
  2. 葬儀プラン・費用
  3. 利用可能な葬儀会場

 

(2)オプション販売

  1. 供花・香典返し
  2. 仏壇・お墓など

 

(3)信頼性アピール

  1. お客様の声
  2. アンケート
  3. 会社概要
  4. 代表者挨拶
  5. スタッフ紹介
  6. ブログ

 

情報提供

  1. 葬儀マナー
  2. 地域の情報

 

(4)その他

  1. 会員登録

 

今回は、(4)14.会員登録を説明します。

葬儀社のHPの構成要素別の

留意点の説明は最後です。

 

=====================

会員登録

=====================

会員登録のマーケティング的な効果は

小泉コンサルタントに語っていただくとして

どうしたら会員登録ボタンをクリックして

もらえるかについて語ります。

 

HPを見ている人が

会員になる決断をして

ボタンを押すのは決断のいる作業です。

 

スクロールをして

会員登録ボタンが出てくる前に

分かりやすい会員登録のメリットを

示すようにしましょう。

 

また、会員登録をすることに

リスクを感じる人もいると思います。

この点の不安を払拭できるのであれば

それを示すことも重要です。

 

また、会員登録の時には

会員のメアドの収集が行われます。

メアドは会員関連の情報提供や

イベント等のお役立ち情報の提供に

のみ使用する旨のメッセージを

載せましょう。

 

通常、このメッセージは

プライバシーポリシーページ

に載せます。

 

加えて、会員費用をネット決済

するのであれば

特商法の表記をする必要

もあります。

 

プライバシーポリシーと特商法の

表記内容については

法律の専門家のアドバイスをうけることを

お勧めします。

 

(次回に続く)

 

[ホームページ コンサルタント 八木則茂]

 

※このメールの感想や質問はこちらから

sato4488@gmail.com

—————————————-

【運営元】

株式会社エンディング総研

代表取締役 小泉悟志

https://xn--tcke6n4a0148a05f128e45l.jp/

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-41-17

 

【問い合わせ】

メール  sato4488@gmail.com

—————————————-

 

※名刺交換させていただいた方にも送らせていただいております。

 不要な場合は、お手数ですが下記から解除できます

 

メールマガジンの登録・解除について

—————————————-

※購読停止は次のURLをクリックしてください。

https://www.itm-asp.com/member/pictmail/form_create2/confirmForm.php?u_id=227667&f_id=41

タイトルとURLをコピーしました
まずはお気軽にお問い合わせください。
03-6338-4938
営業時間 9時~18時 年中無休
       03-6338-4938
          株式会社 エンディング総研
東京都練馬区練馬1-41-17
TEL: 03-6338-4938 FAX: 050-3730-2524
Copyright ©2019 by Ending Research Institute CO.,LTD
Copyright ©2019 by
Ending Research Institute CO.,LTD