【葬儀社経営の羅針盤】これからの葬儀社経営のヒント 第17号

お役立ち情報

■——————————————————————————————————-■

   【葬儀社経営の羅針盤】これからの葬儀社経営のヒント 第17号

~受注件数UP・単価UP・コスト削減・人事戦略など最新の葬祭業情報マガジン~

■——————————————————————————————————-■

 

〇ー1.葬祭業専門コンサルタント 小泉悟志の目線ー〇

《分業制と外注化の検討》

 

いよいよ12月を目の前に

いわゆる繁忙期が来ます

 

葬儀業界は コロナの影響で

小規模化が一気に進んでしまいました

そのために収益UPを

図るためにやるべきことが

増えています

 

そこでやるべきことの

見直しをしてみてはいかがでしょうか

 

一例をあげると

・葬儀受注は専門スタッフで

葬儀の受注は単価が高い

数名のスタッフが専属で行う

これを行なうことで単価に回復も見込めます

 

・アフターはプロに丸投げ

相続は金融の知識が不可欠です

税理士や行政書士など

こちらの意向を組んで動いて

いただけるプロに業務委託という形で

働いていくことで

より自社の社員に近い形で動いていただけます

 

同じように仏壇仏具なども

専門家へ業務委託することで

売上を大きく伸ばすことができます

 

自社の力だけでなく

外部の力を上手く使うこと

これがこれからの一つの形です

 

ぜひ 検討してみてください

 

〔葬祭業専門コンサルタント 中小企業診断士 小泉悟志〕

 

〇ー2.チラシ・パンフレット制作ー〇 

マーケティング・クリエイティブディレクター 高橋吉昭の目線

《新規顧客の拡大》

 

皆さん、こんにちは

今回は「新規顧客の拡大」についてです。

 

売り上げを拡大させるために

必要な要素を式にすると

 

売上=集客数×成約率×客単価

 

です

 

つまり

新規のお客様を増やし

購入頻度を上げ

商品の単価も上げる

ということです

 

全て向上させることがベストですが

簡単なことではありません

 

今回はその中の一つ

新規のお客様を増やす

クリエイティブについて考えます

 

新規顧客開拓には

なにより自社や自社のサービスを

認知してもらうことが重要です

 

そのために

やはり広告が必要です

 

広告媒体としては

ウェブ広告

SNS

新聞(広告・折り込み)

雑誌

DM

チラシのポスティング

などがありますが

ポイントは次の通りです

 

真の顧客になってほしいお客様が

頻繁に目にするメディアを選び

定期的に広告を出し続け

競合他社だけでなく

他業種の広告に埋もれずに目に留まり

お客様に刺さるクリエイティブにすることです

 

ではどの媒体に出したらよいのか?

他業種の広告に埋もれずに目に留まり

お客様に刺さるクリエイティブにするには

どうしたら良いのか?など

ご相談がありましたら

お気軽にお聞きください

 

〔マーケティング・クリエイティブディレクター高橋吉昭〕

 

〇ー3.ホームページの検索上位表示コンサルタント 八木則茂の目線ー〇

《焚火に風を送り込む  第17回》

 

自社のHPをよく見てもらうための努力には

なにがあるのか?

 

多くの人が行う努力は、

HPのタイトルや内容に

検索されがちなキーワードをちりばめ

検索されたときに自分のHPのリンクが

上位表示されることを狙います。

 

ですが、

多くの葬儀社さんがHPを公開している現在

検索されがちなキーワードをちりばめるだけで

上位表示を狙うのは限界があると考えます。

 

HP内部の工夫だけでなく

もっと周りから攻める必要もあるのではないか

と考えます。

 

これは、焚火に例えると

よくわかります。

 

よく燃える薪も、

火が付き始めるまでに

時間がかかることはよくあることです。

 

焚火は、薪自体がよく燃えることも重要ですが

風を送り込んで、

火の勢いがよくなるように

することも重要です。

 

そうすれば、

よい薪であれば勢い良く燃えます。

 

この話を

HPの検索リストの上位表示に

置き換えてみます。

 

よい薪にあたるのは

「よいコンテンツ」です。

読んだ人が心を動かす、

何らかの役立つ情報を含んでいる

コンテンツです。

この内容が充実している

ものがよいコンテンツです。

 

「よいコンテンツ」は「検索されがちな

キーワードを数多く含んだコンテンツ」

とは違います。

 

薪でいえば、「よいコンテンツ」は

火が付けば本当によく燃えますが、

「検索されがちなキーワードを

数多く含んだコンテンツ」は

薪の表面の樹皮が一瞬火を放ち、

過ぎに消えてしまう状態に近いです。

 

よい薪は、見つかれば皆が重宝して

使ってくれるように、

HPのアクセス数が伸び

検索リストの上位表示につながります。

 

それでは、焚火に風を送り込み

火力を強めるは

HPの場合、どのようなことになるでしょうか。

 

たぶん、いろいろな機会をとらえて

HPを知ってもらうことだと考えます。

名刺、ちらし、看板に、URLのQRコードを入れる。

メールの最後にURLを入れる。

リスティング広告など電子広告を行うなどです。

 

コミュニティFMや地域のケーブルTVなどの出演時に

HPのQRコードを画面背景に映りこむようにするのもよいと

思います。

 

あと、最近用いられる方法として

少し時間がかかるが定着すれば

効果が見込めるSNSの活用があります。

 

SNSは、発信者が形成するコミュニティに

情報が伝わりやすい傾向があるといわれています。

 

定期的に情報発信を行い、

その内容に共感する人が多くなれば

情報が伝わりやすくなります。

 

葬儀社の場合、

SNSで定期的に情報発信する内容は、

地域のお役立ち情報、

お墓参りに便利な交通手段の

情報、イベント関係の情報や

などが考えられます。

 

SNSでコミュニティを

形成できれば非常に強い味方を

得たようなものです。

 

これらを介してHPに風を起こすことも

可能になるのではないかと考えます。

 

[ホームページ コンサルタント 八木則茂]

 

※このメールの感想や質問はこちらから

sato4488@gmail.com

—————————————-

【運営元】

株式会社エンディング総研

代表取締役 小泉悟志

https://xn--tcke6n4a0148a05f128e45l.jp/

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-41-17

 

【問い合わせ】

メール  sato4488@gmail.com

—————————————-

 

※名刺交換させていただいた方にも送らせていただいております。

 不要な場合は、お手数ですが下記から解除できます

 

メールマガジンの登録・解除について

—————————————-

※購読停止は次のURLをクリックしてください。

https://www.itm-asp.com/member/pictmail/form_create2/confirmForm.php?u_id=227667&f_id=410

 

タイトルとURLをコピーしました
まずはお気軽にお問い合わせください。
03-6338-4938
営業時間 9時~18時 年中無休
       03-6338-4938
          株式会社 エンディング総研
東京都練馬区練馬1-41-17
TEL: 03-6338-4938 FAX: 050-3730-2524
Copyright ©2019 by Ending Research Institute CO.,LTD
Copyright ©2019 by
Ending Research Institute CO.,LTD