遠方からの葬儀参列に対応、葬儀配信による顧客満足度アップ

業務効率化・DX

遠方からの葬儀参列に対応、葬儀配信による顧客満足度アップ

近年、インターネットの普及とデジタル技術の進歩により、葬儀のあり方にも変化が見られます。特に、新型コロナウイルスの感染拡大を機に、オンラインでの葬儀参列へのニーズが高まっています。そのため、葬儀社にとって、葬儀配信サービスの提供は、顧客満足度の向上と事業の成長などマーケティングの観点から欠かせない要素になりつつあります。

ライブ配信やオンデマンド配信、VR技術の活用など、様々な方法で葬儀配信サービスを提供することで、遠方からの参列者にも葬儀に参加する機会を提供できます。また、双方向コミュニケーションの実現や、高齢者に配慮したシンプルなシステム設計など、利用者の利便性を高める工夫も重要です。

1. ライブ配信で葬儀の様子を遠方へお届け

インターネットを活用したライブ配信サービスを提供することで、遠方にお住まいのご家族や友人も、リアルタイムで葬儀の様子を見守ることができます。会場の様子を映像と音声でお届けすることで、直接参列できない方々も、故人を偲び、葬儀に参列している気持ちになれます。ライブ配信は、スマートフォンやパソコン、タブレットなどのデバイスで視聴可能で、インターネット環境さえあれば、どこからでもアクセスできます。これにより、距離や時間の制約を超えて、より多くの方々が葬儀に参列できるようになります。

2. オンデマンド配信で後からでも葬儀に参列

ライブ配信に加えて、オンデマンド配信サービスを提供することで、都合がつかずリアルタイムで視聴できなかった方も、後から葬儀の様子を視聴できるようになります。オンデマンド配信では、葬儀の録画映像をインターネット上で配信し、視聴者は自分の都合の良い時間に、何度でも葬儀の様子を見返すことができます。これにより、時差のある海外在住の方や、仕事や家庭の事情で参列が難しい方なども、葬儀に参列する機会を逃すことなく、故人を偲ぶことができます。オンデマンド配信は、葬儀後の一定期間アクセス可能にしておくことで、より多くの方に配信の恩恵を提供できるでしょう。

3. 双方向コミュニケーションで一体感を醸成

葬儀配信サービスに双方向コミュニケーション機能を組み込むことで、参列者同士の一体感を醸成できます。リモートからの参列者が、会場にいる他の参列者とリアルタイムでメッセージをやり取りしたり、お悔やみの言葉を伝えたりできるようにすることで、距離を超えた交流が可能になります。また、リモート参列者からの質問にその場で答えたり、リクエストに応えたりすることで、臨場感のあるコミュニケーションが実現します。双方向コミュニケーションを通じて、リモート参列者も葬儀に積極的に参加している実感を持つことができ、故人を偲ぶ気持ちを共有できるでしょう。

4. 高齢者にも優しいシンプルな配信システム

葬儀配信サービスを提供する際は、高齢者にも使いやすいシンプルなシステムを構築することが重要です。リモートからの参列者には高齢者が多い可能性があるため、操作が複雑だと参加のハードルが上がってしまいます。そこで、視聴に必要な手順を最小限に抑え、ワンクリックで配信にアクセスできるようにするなど、シンプルな設計を心がけましょう。また、字幕表示や音声ガイダンスを用意することで、聴覚に不安のある高齢者にも配慮することができます。高齢者にも優しいシステムを提供することで、より多くの方に葬儀配信サービスを利用いただけるようになるでしょう。

5. 安定した配信環境の整備が不可欠

葬儀配信サービスを円滑に提供するためには、安定した配信環境の整備が不可欠です。会場のインターネット回線を強化し、十分な通信速度と容量を確保することが重要です。また、配信に使用する機材も高品質なものを選定し、故障や不具合のリスクを最小限に抑えましょう。配信中のトラブルを防ぐため、バックアップ機材の用意や、電源の二重化なども検討が必要です。さらに、配信するデータを適切に暗号化し、セキュリティ対策を施すことも忘れてはいけません。安定した配信環境を整備することで、リモートからの参列者に快適な視聴体験を提供できるでしょう。

6. 配信に適した会場レイアウトの工夫

葬儀配信を行う際は、会場のレイアウトにも工夫が必要です。リモートからの参列者にとって見やすく、臨場感の伝わる映像を提供するために、カメラの配置や照明の調整が重要になります。祭壇や遺影、弔問客の様子など、葬儀の雰囲気を十分に伝えられるようなカメラワークを心がけましょう。また、音響設備の配置にも気を配り、読経の声や弔辞など、葬儀に欠かせない音声を明瞭に配信できるようにします。会場レイアウトを工夫することで、リモートからの参列者にも、臨場感のある葬儀体験を提供できるでしょう。

7. 撮影・配信専門スタッフの配置と教育

葬儀配信サービスを円滑に運営するためには、撮影・配信を担当する専門スタッフの配置と教育が欠かせません。葬儀の進行に合わせて適切なタイミングで映像を切り替えたり、トラブルに迅速に対応したりするためには、経験と知識が必要です。そのため、撮影・配信に精通したスタッフを配置し、定期的な教育を行うことが重要です。また、葬儀の進行を把握し、配信に必要な機材の操作に習熟したスタッフの存在は、円滑な配信サービスの提供に不可欠です。専門スタッフを育成することで、高品質な葬儀配信サービスを安定して提供できるようになるでしょう。

8. 配信サービスの料金プランを多様化

葬儀配信サービスの利用を促進するためには、料金プランを多様化することが有効です。ライブ配信のみのプラン、オンデマンド配信付きのプラン、VR体験付きのプランなど、顧客のニーズに合わせた料金設定を行いましょう。また、参列者数に応じた料金設定や、追加サービスのオプション化など、柔軟な料金体系を用意することで、より多くの顧客に配信サービスを利用いただけるようになります。料金プランの多様化は、顧客満足度の向上だけでなく、葬儀社の収益拡大にもつながるでしょう。

9. 配信の記録で追悼の場を永続的に提供

葬儀配信の記録を保存し、後からいつでも視聴できるようにすることで、追悼の場を永続的に提供できます。故人を偲ぶ機会は、葬儀の日だけではありません。命日や法要など、様々なタイミングで故人を想い、追悼の気持ちを新たにする人もいるでしょう。そのような時に、葬儀の記録映像を視聴できれば、故人との思い出を振り返り、追悼の気持ちを深められます。また、将来的には、故人の生前の映像や写真などと組み合わせて、追悼ビデオを制作するサービスも考えられるかもしれません。配信の記録を活用することで、顧客に長期的な価値を提供できるでしょう。

まとめ

葬儀配信サービスを提供する際は、安定した配信環境の整備や、撮影・配信専門スタッフの育成など、サービス品質を維持するための取り組みが求められます。加えて、多様な料金プランを用意することで、より多くの顧客にサービスを利用いただけるようになるでしょう。
さらに、葬儀配信の記録を活用することで、顧客に長期的な価値を提供することも可能です。故人を偲ぶ機会は葬儀だけではないため、記録映像を通して、いつでも追悼の気持ちを新たにできる環境を整えることが大切です。

まずはお気軽にお問い合わせください。
03-6338-4938
営業時間 9時~18時 年中無休
       03-6338-4938
          株式会社 エンディング総研
東京都練馬区練馬1-41-17
TEL: 03-6338-4938 FAX: 050-3730-2524
Copyright ©2019 by Ending Research Institute CO.,LTD
Copyright ©2019 by
Ending Research Institute CO.,LTD