【葬儀社経営の羅針盤】これからの葬儀社経営のヒント 第14号

お役立ち情報

■——————————————————————————————————-■

          【葬儀社経営の羅針盤】これからの葬儀社経営のヒント 第14号

~受注件数UP・単価UP・コスト削減・人事戦略など最新の葬祭業情報マガジン~

■——————————————————————————————————-■

 

〇ー1.葬祭業専門コンサルタント 小泉悟志の目線ー〇

《祭壇売りが崩壊の兆し》

 

コロナ禍で進んだもの

・少人数

・火葬、直葬

・食事なし

・遠方の親族を呼ばない

・一日葬

・LINEやショートメールによる訃報の連絡

・喪主花

・葬儀仲介会社の乱立

・無宗教   などなど

このように大きく変化したことにより

平均単価が30%程度下落しました

 

そして今一番危機的なのは

もはや祭壇の大きさでは

単価は上がらなくなっていくこと

 

もちろんまだまだ祭壇の大きさを

選ぶ地域も人もいます

その方たちについては

いままでの売り方で

単価を上げていただければ

いいとおもいます

 

でも葬儀プランの一番下を選ぶ人

火葬・直葬を選ぶ人が

増えているのも事実であり

この人たちから

どう単価を上げるのか??

 

それは結婚式と同じ

量 から 質 へ

転換していくのです

 

もはや祭壇前面になくて

真ん中の棺をおいて

その周りを花で囲む

故人様にきれいな仏衣を着ていただくなどなど

 

さまざまなセレモニーに

お金をかけていただくように

なって行きます

 

いよいよ提案力で

売上に差がつく時代が訪れます

 

〔葬祭業専門コンサルタント 中小企業診断士 小泉悟志〕

 

〇ー2.チラシ・パンフレット制作ー〇 

マーケティング・クリエイティブディレクター 高橋吉昭の目線

《何度も見てもらえる販促物について》

 

皆さん、こんにちは

今回は「何度も見てもらえる販促物」

についてです

 

せっかく制作した販促物が

お客様の手元に届いても

すぐに捨てられてしまうのは

寂しい限りです

 

しかし販促チラシの中には

すぐに捨てられてしまうチラシが

存在するのも事実です

 

ではどのようチラシが見られていて

どのようなチラシがすぐに捨てられてしまうのでしょうか

 

よく見られるチラシは

見る人の役に立つ情報や興味ある情報

お得な情報が載っているチラシです

 

逆にすぐに捨てられてしまうチラシは

見る人にとって役に立たない

興味のない情報が載っているチラシです

 

よく見られるチラシの例としては

割引券などがついているチラシです

このようなチラシは保存性も高まります

 

ほかにも

地域のおすすめの店や施設情報

お役立ち情報などが載っているチラシも

よく見てもらえる一例と言えるでしょう

 

このような情報は

自社の商品やサービスのPRに

すべてつながるわけではありませんが

定期的に配布することで

記憶に残る効果が期待できます

 

ひとつのチャレンジですが

何かを変えたいという時

検討してみてはいかがでしょうか

 

〔マーケティング・クリエイティブディレクター高橋吉昭〕

 

〇ー3.ホームページの検索上位表示コンサルタント 八木則茂の目線ー〇

《HPは看板といえるのか 第14回》

 

HPはネット上の看板ととらえている方が

多いのではないかと思います。

 

看板は決まった場所に設置され

葬儀社のメッセージが

目に留まるのを待ちます。

 

人の目につきやすい場所に設置すれば

それなりに存在を知ってもらうことができます。

 

でも、HPと看板はすこし

異なるものであると考えます。

 

HPを看板と考えた場合、

検索リストの表示が上から何番目かということが

看板の設置場所にあたるわけです。

 

=====================

HPは看板と異なり

設置場所が固定されない

=====================

ですが、検索リストの表示順は

何で決まるかというと

検索者が入れたキーワードで知りたいと

思っていることにより答えている

HPがより上位にくるように

徐々になってきています。

 

ご自分のHPが上位にいたとしても

自社より内容が良い

HPが出現すれば

検索リストの順位は下がります。

 

つまり、看板のように

一度設置したら安定的に

その場所で宣伝をしてくれるわけではないのです。

 

HPの検索リストの表示順位は

内容的によいHPが上にくるという

競争原理が働いているわけです。

 

=====================

内容的に良いHPとは

=====================

それでは

内容的によいHPとはなにでしょうか?

 

それは、ご自分がHPを検索するときのことを

考えてください。

 

ご自分の知りたいことに関連するキーワードを

検索窓にいれて検索するでしょう。

 

そして、検索結果のHPのリストを見て

自分が知りたいことに答えてくれそうな

HPのリンクをクリックしませんか。

 

そして、自分にとって必要な情報提供をしてくれる

HPであれば、ページを閉じることなく

長い時間ページを見るわけです。

 

場合によっては、お気に入りに

ブックマークさえ、してくれるかもしれません。

 

つまり、内容的によいHPとは、キーワードに関連する

役立つ情報を多く含むHPなのです。

 

=====================

真のSEO対策はよい情報提供

=====================

自社のHPを見てもらいやすくするために

タイトルに検索されやすい「家族葬」、「一日葬」

などを入れて、うまく、検索してもらえたとします。

 

ところが、読んでみると、

きれいな祭壇の写真がでてきて

「誠意を持って対応します」などと

表示されるが、料金はわからない、

斎場の情報もよくわからない

ということだったらどうでしょ?

 

具体的に行動を起こせる情報がないので

検索者に失望を与え、

そのページはすぐに閉じられるでしょう。

 

つまり、

キーワードをちりばめ、

アクセスを増やすことに

普請するのではなく、

どれだけ役立つ情報を

提供するかに気を配ることが

有効なSEOだと考えます。

 

(次回に続く)

 

[ホームページ コンサルタント 八木則茂]

 

※このメールの感想や質問はこちらから

sato4488@gmail.com

—————————————-

【運営元】

株式会社エンディング総研

代表取締役 小泉悟志

https://xn--tcke6n4a0148a05f128e45l.jp/

〒176-0001 東京都練馬区練馬1-41-17

 

【問い合わせ】

メール  sato4488@gmail.com

—————————————-

 

※名刺交換させていただいた方にも送らせていただいております。

 不要な場合は、お手数ですが下記から解除できます

 

メールマガジンの登録・解除について

—————————————-

※購読停止は次のURLをクリックしてください。

https://www.itm-asp.com/member/pictmail/form_create2/confirmForm.php?u_id=227667&f_id=41

タイトルとURLをコピーしました
まずはお気軽にお問い合わせください。
03-6338-4938
営業時間 9時~18時 年中無休
       03-6338-4938
          株式会社 エンディング総研
東京都練馬区練馬1-41-17
TEL: 03-6338-4938 FAX: 050-3730-2524
Copyright ©2019 by Ending Research Institute CO.,LTD
Copyright ©2019 by
Ending Research Institute CO.,LTD